AndroLib
Androidアプリをお探しですか?
Android Market in EnglishMarket Android en FrançaisAndroid Market en EspañolMercato android in ItalianoAndroid Market auf DeutschAndroid Market in EnglishAndroid Markt in het Nederlandse
中文版电子市场Android Market in JapaneseAndroid Market v ČeštiněAndroid Market на русскомAndroid Market em Português (Brasil)한국어 안드로이드 마켓Android Butiken på svenska
Dev corner | お気に入り
Androidマーケットでダウンロードされたアプリケーションはのべ 0

Android用アプリケーション/ゲーム検索 :

ここにいます
ホーム > アプリケーション > カスタマイズ > KOFの壁紙(第12 +第XIII)


もっと見る...Android関連サイトの新着情報

オリジナルステージを作れる!公開できる!ハマる2Dアクションゲーム! : 忍ツク!
【アプリの特徴】 簡単な操作でステージを自作できる! 自作したステージを公開して遊んでもらえる! アイディア次第で様々なステージが実現可能! 続きを読む The post オ...

路線カラー対応で分かりやすい!電車やバスの発車時刻をカウントダウンしてくれるアプリ! : トレインタイマー
アプリの特徴 電車やバスの発車時刻をカウントダウンしてくれる! 路線カラーに対応しているのでリストがいっぱいになっても探しやすい! バスの時刻表やオリジナルの時刻表作成にも対...

【キャンディーソーダ徹底攻略】第28回:レベル111~116のポイント!登場キャンディー7色!【初心者必見】
移動回数が表示されている上に、レベルが表示されるようになりましたね。 気づいてましたか? プレイしている時は、レベル表示はあまり必要ないかもしれませんが、個人的にはかゆいとこ...



新着アプリを見逃すな!
新着アプリケーション/ゲーム
最新ゲーム
最新アプリケーション



最新アプリケーション

最新ゲーム


トップ無料iPhoneアプリ
もっと見る... 丁度今閲覧されているページ
人気ページ

ギャラクシー
2089 秒前

ホットペッパー グ...
3083 秒前

Smart Ala...
3160 秒前

Import vC...
3438 秒前

KTG s2 (麻...

詳細
評価

0.00/5
(0 件の評価)

QRコード

価格
無料

バージョン
1.0

ダウンロード
<50

サイズ
1.9 MB

カテゴリ

KOFの壁紙(第12 +第XIII)

入手可能地域 :
『ザ・キング・オブ・ファイターズ』(THE KING OF FIGHTERS)は、1994年にSNK(現・SNKプレイモア)がゲーム機「ネオジオ」で発売した対戦型格闘ゲームのシリーズ名、またその劇中で開催されている世界規模の格闘大会の名称である。元々は、同社の作品『餓狼伝説シリーズ』と『龍虎の拳2』の舞台である格闘大会。
公式な略称は、頭文字を取った「KOF(ケーオーエフ)」。SNKプレイモアはこれを商標登録している。
なお、台湾では「格鬥天王」、香港では「拳皇」と訳される。

概要

このシリーズ作品は、プレイヤーは3人一組(作品によっては4人一組)のチームを選択し、他のチームと勝ち抜き戦を行うというシステムである。
同時代に発売された格闘ゲームであり最大のタイトルでもあった『餓狼伝説』や『龍虎の拳』、1980年代のアーケードゲームである『怒』、『サイコソルジャー』など、同社の看板ゲームのキャラクターが出場して覇を争うドリームマッチという設定(『サムライスピリッツ』のキャラクターは世界観が合わないという理由で現在も本編作品には参戦していない)。その一方でこのゲームの主役たちとして生み出された三種の神器の一族、オロチ一族、ネスツなどKOFオリジナルキャラクターが高い人気を博し、SNKのキャラクター人気を牽引した。新作のたびにチーム構成を変え、時にはかつてのライバルや宿敵ともチームを組んで戦うということが大きな魅力となっている。新キャラクターは増え続け、これまで登場したキャラクターは100人にも及ぶ。3vs3という格闘ゲームのチームバトルの基礎を築いた作品でもあり、1990年代にはアーケード黄金期の中でも絶大な人気を誇り、現在も新作がリリースされ続けているビッグタイトルである。
1994年から毎年新作がリリースされているが、2001年はSNKの倒産にともないサン・アミューズメントが、2002年以降はプレイモア(現SNKプレイモア)が販売している。
本作で特筆すべき点はゲームは男性マニアに支持されているが、キャラクターでは女性人気が高いことである。草薙京とそのライバル八神庵は特に女性人気が高く、両者の関連グッズの購入者はほとんど女性である。
中国・韓国における人気が特に高く、日本と同様のファン層を有している他、ゲームセンターでの対戦が日本より活況であり、日本における対戦大会で中国・韓国のプレイヤーが活躍することも少なくない。
格闘大会としてのKOF

ゲーム中の設定では、『餓狼伝説』の登場人物、ギース・ハワードがサウスタウンにて開催していたストリートファイトにいつしかスポンサーがつくようになり、全世界にTV中継されるような大規模な格闘大会に発展していったものである。元々がストリートファイトであったための伝統から、試合はリングの上で行うようなことはほとんどなく、試合開始の合図とKOを宣言するレフェリーこそいるが基本的には野外などで行われている。
全世界が注目する格闘大会であるため、優勝チームには莫大な賞金と格闘家として最大級の栄誉が与えられる。しかし「平穏無事に終了したことは一度も無い」と言われるほど毎回決勝近くではトラブルが起こっている。これは大会主催者がルガール・バーンシュタインのような裏社会の権力者やオロチ一族のような存在だったり、ネスツといった秘密結社など後ろ暗い者達が大会を利用したりするためである。そのため決勝近くもしくは決勝後は、大会主催者個人の空母や宇宙ステーションの秘密基地といった場所で、もはや格闘大会などではない殺し合いのような闘いが行われているが、世間には噂程度にしか伝わっていない。『餓狼伝説シリーズ』では、大会主催者であるギースやクラウザーが死亡するという問題が起こっており、『KOFシリーズ』と違い、これは世間に知れ渡っている。『龍虎の拳2』では、当時26歳の若いギースがKOF優勝者と殺し合いをするが、敗北した後は逃亡だけで済ませており、更に莫大な賞金と格闘家として最大級の栄誉はしっかり与えた様で、大したトラブルは起こっていない。
出場する選手は大会の開催者が選んだ実力のある格闘家(『餓狼伝説』チームや『龍虎の拳』チームなど)には招待状が届き、シードとして各地域の決勝トーナメントからの参加となる。小説版によればそれ以外の参加チームは予選が行われる。もっとも、大会主催者が悪意ある目的で特定の人間を参加させるために招待状を届けたり、自らの配下の人間を無条件に決勝トーナメントに進ませるために招待状を利用する事もある。なお、招待状を貰ったが欠場する場合や、参加チームを決めた場合の申込みなどはKOF運営委員に連絡を入れる。
招待状はチームでなく個人に届くようであり、チームメイトは招待状が届いた格闘家が、他のメンバーに招待状が届いた届いていないに関わらず独自に決める事ができる。これは一緒に住んでいる『龍虎の拳』のサカザキ一家には個人宛にそれぞれ招待状が届いていることや、女性格闘家チームや餓狼伝説チームのように、いつも組んでいたチームメイトが都合によって参加できないため、偶然出くわしたり、通りかかった知り合いの格闘家に声をかけて出場したことが公式ストーリー中で書かれている。なお、他人から奪い取った招待状でも有効とされることはオロチチームのストーリーから判明している他、『KOFMI2』の公式サイドストーリー「夜のガスパール」内で(ルイーゼが他者から譲り受けた招待状で参戦していることについて)「世界最強を決めるというふれ込みである以上、乱入者にも機会を与えるのがこの大会の伝統」と語られている。
細かな大会のルールなどは判明していないが、刃物や銃火器の使用は反則であることが小説版などで解っている。またムチや棍棒といった鈍器、超能力(手から炎や氷を出して攻撃したり、サイコパワーの使用や手刀を突き刺して体力を吸い取ったりする)は認められている。しかしイヤリングに爆弾を仕込んだり、炎が出るように細工してある棍棒、巨大な鉄球や鋭いツメのついた手甲、クナイなどの暗器、匕首やナイフ、デザートイーグルを使用する者(小説版では威嚇の空砲と言っている)、さらには銃火器を全身に仕込んだサイボーグといった人物が特に説明も無く参加している。

作品シリーズ

ナンバリングシリーズ
アーケード向けに開発・販売される、基本となるシリーズ。年号及び数字部分の正しい呼び方は英語である。
THE KING OF FIGHTERS '94
1994年8月25日にアーケードのMVSで稼動後、同年10月1日にネオジオでリリース。以降『2003』までは一貫してMVS/ネオジオを主なプラットフォームとしてKOFは展開する。
国ごとの代表8チーム。チームメンバーは固定でエディットは無し。基本は3対3の勝ち抜き戦でKOかタイムアップで交代、仕切り直し。
操作系は『餓狼伝説スペシャル』をベースに、『龍虎』シリーズなどの要素を取り入れたもの。必殺技コマンドは基本的に出場元のゲームのままで、また超必殺技がインストラクションカードに書かれていない。
日本チームが主人公だが、1P側の初期カーソルはイタリアチーム(=餓狼伝説チーム)に、2P側の初期カーソルはメキシコチーム(=龍虎の拳チーム)に合わせられている。また基本操作の説明(HOW TO PLAY)もテリーとリョウが務めているが、開発スタッフからは「ぜひ京を出してくれ」と要望されたという。また、ストーリーが軽視されがちな対戦格闘ゲームにおいて、チームとしての参戦理由をそれぞれ紹介するなど、キャラクターの背景やストーリー進行に対する工夫も見られる。キャラクターイラストは森気楼が担当した。
なお、主人公チームのコンセプトは「地震(大門)、雷(紅丸)、火事(京)、親父(柴舟)」であった。
家庭用版は当初ネオジオとネオジオCDのみだったが、2004年にプレイステーション2でKOF10周年記念作品として本作のリメイク版『KOF'94 RE-BOUT』が発売され、アーケードオリジナル版も同時収録されている。また、2009年にプレイステーション・ポータブルで発売された『SNK ARCADE CLASSICS Vol.1』にも16作品のうちの一つとして『'94』が収録されている。2007年にはWiiのバーチャルコンソールでも配信された。また、2010年には6月24日に発売された『The king of fighters portable'94〜'98』の中に収録。 そして2011年4月19日にPC向けゲームソフト配信サービスProjectEGGにてNEOGEOタイトル配信第一弾として餓狼伝説とともに配信された。

1995年7月25日稼動。以降『'97』まで続くオロチ編の第1章。この作品よりチームエディットが可能になった。なお、この作品のみキャラクター選択時に「チームエディットしますか?」と問われる。またこの作品から『'97』までは、CPUのチームもエディットされることがある。
設定で各キャラクターが「年を取った」のはこの作品のみで、以後年齢設定が固定された(出場を逃したアメリカンスポーツチームは復活した『'98』で1歳年を取っている)。草薙京のライバルの八神庵が初登場、オロチの力などが次第に語られ始めた。


キーワード:美しいかわいい壁紙かわいい写真写真イメージスターアルバムKOFの拳ストリートオブファイターズ京IROIテリー餓狼伝説サムライスピリッツShodownサムライスピリッツ


iPhone用に関連するKOFの壁紙(第12 +第XIII)

KOFの壁紙(第12 +第XIII)cartoonFan によって開発されました

パッケージ名 : com.kofback2

セキュリティ権限 : 3 表示/非表示切り替え
  • android.permission.SET_WALLPAPER
  • android.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE
  • android.permission.INTERNET

あなたはこのアプリケーションのデベロッパーですか?
||||||Email



KOFの壁紙(第12 +第XIII) のスクリーンショット


フォーラムにおける KOFの壁紙(第12 +第XIII) に関するディスカッション

KOFの壁紙(第12 +第XIII) に対するコメントと評価

フィルタ :
このアプリケーションのコメントはありません


ランダム表示...


Android用壁紙...